WORK

 【悲報】転職で年収が下がる人の特徴!収入を下げずに転職する3ステップ

年収下がる
転職すると収入下がる!?

今の収入より下がってしまいそうで怖い。

どうしたら収入下げずに済む?

下がる人と下がらない人の差はある?

 日本でも転職をすることが当たり前になる中、「転職して年収が下がった」と悲しい声を聞く機会も増えつつあります。

転職は事前の準備と対策を怠わると、年収を維持するどころか、下がってしまう可能性があります。

そこで、今回は転職で年収が下がる人の特徴を見ていきます。ぜひ最後までお付き合いください。

転職で年収が下がる人とは?

転職先の情報を入念に調べていない

 転職を考える人の中には、

入念に調べなくても大丈夫

入社してから分かるから平気

と浅い考えをしている人がいます。

しかし、こんな考えの人は年収が下がる傾向になります。転職で年収が下がる人に共通していることが「転職先の情報を入念に調べていない」ことです。

自分が身を置きたいと考えつつも、上辺だけの情報しか収集せず、面接を行い、運よく採用された結果、年収が下がった人は沢山います。

 会社の印象が入社前(面接時)と入社後で、大きく異なることは多くの会社であります!会社業側は面接時、良い人材を確保しようと応募者に響く良い情報しか提供しません。中には、高給与を謡うこともあります。

しかし、実際はもっと安かったり、高給与を手にするまで条件があるなど、高給与を手にできない場合があります。

マサ

上辺しか調べない人はそんな情報に騙されて、年収が下がってしまうのです。

前職のスキルを活かせない

転職で給与UPを図るためには、「前職での経験やスキル」を活かせる業界・業種の会社選択することが大切です。

その理由は同じ領域内で経験やスキルがあれば、転職先でも即戦力として、活躍できる可能性があるからです。

言い換えれば、転職で前職での経験やスキルを活かせない会社を選んだ場合、給与が下がる可能性があると言えます。

即戦力として活躍できない中途の人材に会社が高給与を支払うことはありません。

年齢にもよりますが、1から指導する場合は、活躍できる人材に成長するまで早くても1年はかかります。

会社はその間も人件費を払い続けることになります。つまり、前職でのスキルや経験を活かせない人材は会社側にとって、お荷物になっているのです。

勿論、採用に至らない場合が多いです。しかし、稀に採用された場合は、一人前になるまで「居づらさ」を感じることになります。

給料交渉を行わない

面接時、給与交渉を行うと、提示された金額よりも給与がUPする可能性があります。

転職で給与UPに成功した人の中には、給与交渉を行った人もたくさんいます。「自分がどれだけの利益を会社に提供することが出来るか」「働く社員にどれだけメリットを与えることが出来るか」、面接時に明らかになっていた場合には、そのメリットを企業側に伝えると、給与を上げてくれる可能性があります。

勿論、全ての会社がそうではありません。

しかし、応募者が「多くのメリットをもたらす」と判断した会社は給与UPを検討してくれます。言い換えれば、給与交渉をしなければ給与が上がることはありません。

提示された給与からスタートし、実績を積むことでしか給与は上がりません。また、転職した人全員が転職先で実績を出せるとも限りません。実績を出せず活躍できずに年収が下がってしまう人もたくさんいます。

転職で年収を上げるためには?

転職で年収を上げるためには、3つのフェーズでそれぞれ重要なことが1つずつあります。

今回は「転職を考える時期」「転職時」「転職後」の3つのフェーズに分けて、紹介していきます。

転職を考える時期⇒誇れる実績を作る

そろそろ転職しようかな

給与良い会社で働きたいな

など、ぼんやりと転職を考え始めたからと言って、転職が成功するとは限りません。

転職を意識した時から、事前に準備と対策をすることで年収UPは成功します。転職を考える時期は、「他の会社にも通じる実績を作る」ことが重要です。

営業職であれば圧倒的な目標数字の達成、企画職であれば自身で立案した事業の成功などが実績になります。

これらの実績は自分が今いる環境で何をしたのかアピールできる強力な武器に変化します。武器があるかないかでは、転職の成功率は大きく異なります。

武器があれば自分の能力を明確に伝えることが可能です。会社によっては、その実績やスキルをそのまま欲しがるかもしれません。

「是非うちに来てくれ」と誘われる場合もあります。そうなれば、転職先での活躍も見込めるため、仕事や人に馴染めないなどのマイナス要素も消えます。

さらに、面接時に給与交渉もしやすくなります。つまり、在籍中に他の会社にも通じるほどの誇れる実績を作っておけば、転職で優位になるだけでなく、年収UPの可能性が高くなると言えます。

転職時⇒前職のスキル・実績を活かせる業種を探す

では、他の会社にも自慢できる実績を作り、本格的に転職活動を開始した際の重要な要素をお伝えします。

それは、「前職のスキル・実績を活かせる領域」で仕事を見つけることです。

先程もお伝えしたように転職で年収が下がる人は、これまで全く関係のない業界・業種に手を出している傾向にあります。

言い換えれば、携わっていた業界・業種で仕事を探せば、年収が下がることはありません。

それに、自慢できる程の実績を最大限生かすためには、同じ領域の企業を探すことが重要です。

 また、「同じことはしたくない」と思う人は、業界・業種のどちらかを変えることをお勧めします。

業界が違っても、業種が同じであれば仕事の本質は変わりません。業種が違っても、業界が同じであれば、培った知識を生かすこともできます。ですので、どちらかに片足を入れておくことが大切です。

自分の向いている仕事に関する記事
自分に向いている仕事を見つける5つの方法【天職】自分にあった仕事を見つけ出すのは非常に難しいことですよね?「向いている仕事なんて存在するのか?」と自問自答しながら生活しているあなたに朗報をお届けします。あなたに合った仕事の見つけ方についてご紹介します。...

転職後⇒ポジションを早く見出す

転職活動を成功し、希望する企業に入社したからと言って、安心はできません。

中途採用で入社した場合、早く結果を出すことが求められます。その期待に応えるためにも、早々に「自分の会社内でのポジションを早く見出だす」ことが重要です。

営業職であれば営業成績であり、企画職なら、斬新な企画の立案など、会社側に入社して貰って良かったと思わせるような実績を早々に作ることが年収UPにも繋がります。

他の人では、自分だけのポジションを見つけられれば、他の人に代行されることもありません。会社内でも自分の意見も通しやすくなります。

自分の存在感が会社内で強まれば、その分給与UPの交渉もしやすくなります。ですので、転職後は自分だけのポジションを早く見つけることが大切です。

既卒・フリーター向けの就職相談 就職Shopでカウンセリングならこちら!

【就職Shop】

【まとめ】

転職で年収が下がる人の特徴と下がらないための対策を紹介しました。

転職は今後の人生を豊かにしてくれる可能性を秘めています。

今いる環境よりも良い環境で仕事するためにも、今回紹介した3つのポイントを是非覚えておきましょう。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!