WORK

【面接対策】ポジティブな転職理由を考えるを考える時のコツを解説《大公開》

転職する時の悩み

・転職した理由を聞かれたらどうしよう

・退職理由がネガティブな理由しかない

・なぜ転職理由を聞かれるの?

マサ

転職をする際に、どうしても聴かれたくないのが、転職理由だと思います。

大抵の人は、あまり良い理由で転職していない事が多いので、答えづらい質問ですよね。

だからといってネガティヴな事を言ってしまうと評価が悪くなるので、なんて言っていいかわからない人や、理由を見つける方法や書き方に迷ってしまう人は多いと思います。

アイコン名を入力

僕は、未経験でITエンジニアに転職する事ができました!

転職経験を活かして、皆さんの悩みを解決していきます!

この記事でわかる事!

・採用担当者が転職理由を聞く意図

・転職理由を上手く答えるポイント

・転職理由の例文

採用担当者が転職理由を聞く理由

アイコン名を入力

転職をする時に何故理由を聞くかが疑問ではありませんか?

面接で聞かれても答えづらい質問の一つですよね!?

退職理由は、転職の面接では必ずといっていいほど聞きれる質問です!

必ず聞かれると言うことは、ある程度の重要な訳があると考えられます!

何故聞かれるのかをわかって理由を用意した方が、失敗しないのでしっかりと理解してから対策を進めましょう!

貴方の性格、意欲、モチベーションを確認したいから

会社は、貴方がどのような人なのかを見極めようとしています。

「どのような人?」を見極めてどうするの?

マサ

あなたが、この会社に入社してやって行けるかを判断してます!

その会社が求めている人材なのか、入社した後にどのように働いてくれるのか、などこの質問で様々な事を観察しています。

社風に合わない人を採用してしまうと面接をしてコストをかける事が無駄になってしまうからです。

マサ

効率よくあなたを判断するには、重要な質問であると言えるでしょう。

同じ理由でまた辞めないか見極める為

前職はどんな理由で辞めたのかを知る事で!

  • 入社してすぐ辞めてしまわないか
  • 前職で辞めた原因が、自社にでも起こり得るのか

などを考えて面接をします。

その項目が当てはまるのであれば、採用してもすぐに辞めてしまう人だと判断され内定を貰えなくなってしまう可能性があります。

どうすればよくない回答をしなくて済むの?

マサ

どうしたら最悪な答えをしなくてよくなるかを次に解説していきます!

転職理由を上手く答えるポイント

ポジティブな伝え方をする

マサ

転職理由は大抵の人は、ネガティヴな理由している事が多いと思います。

  • 給料が少ないから
  • 労働時間、勤務時間が長いから
  • 人間関係が良く無いから!

このようなネガティヴな理由はNGです。

面談の際にネガティヴな理由を言ってしまうと、採用担当者から悪い印象に捉えられてしまう恐れがあります。

マサ

出来るだけポジティブな理由を考えて、答える事が重要です。

ポジティブな例

「給料が少ない」

自分の成果に対して、正当な報酬が得られる企業で、貢献したいと思ったから。

「労働時間が長いから」

限られた時間の中で、パフォーマンスを高められる様に成長したいと感じたから。

「人間関係が良く無いから」

尊敬できる上司と切磋琢磨できる同僚と一つの仕事をやり遂げる経験をして自分をスキルアップさせたいから

以上の様に、少しでもポジティブに変換して、準備をしてから面談をしましょう

嘘をつかずに具体的に答える

転職理由を述べる際には、できる限り嘘をつか無い様にしましょう。

嘘をついてしまうと、その後の質問や履歴書とよ一貫性が取れなくなり矛盾が生まれてしまいます。

マサ

矛盾により嘘をついている事がすぐバレてしまう

自分の言葉で正直に話す事で、採用担当の人に響く熱い言葉になると思います。

見栄を張ってカッコつけたりすると逆効果になりやすいですし、変に伝わらなかったりするので辞めましょう。

自信を持ってハッキリと言い切る

自信を持って堂々と転職理由を述べる事で、前向きで、やる気に満ち溢れている姿を演出することができます。

モジモジして自信がない様な姿で話していると、前向きな言葉を言っていても,,,。

  • 本当に思っている事なのか!?
  • 口だけでは無いのか!?
マサ

このように疑われてしまいます!

前職場の悪口を言わない

転職理由を聞かれるとついつい前職で悪かった事を言ってしまいがちですが、前職の悪口を言うのはNGです。

採用担当者は、面接をする際まず、この人と一緒に働きたいかを考えて想像するのが殆どです。

逆の立場になり考えてみると、悪口を口にする様な人と、働きたいと思う人はいません!

マサ

入社してからは自社の事を悪く言うのかもしれないと思うのが当然だと思います。

年収や待遇の話をなるべくしない

  • お金が貰えないと嫌
  • 残業があると嫌
マサ

この様に、待遇に関する条件や愚痴などを話すと評価は悪くなってしまいます。

やりがいや仕事内容よりも、年収が重要なんだと思われたり、雰囲気が悪くなったりするので面接では、言わない様にするのがベスト!

転職理由を考える方法

転職理由を書き出す

  • 箇条書きで書き出す
  • ポジティブとネガティブを分ける
  • ポジティブな方を採用する
  • 選んだ理由のストーリーを考える

箇条書きでも構いませんので、転職をしようと思った理由やキッカケを書き出してみましょう。

するとその中に、ポジティブな理由やネガティヴな理由が出てくると思います。

その中で、ポジティブな理由を使って転職理由を考えていきましょう。

転職理由と志望動機を繋げる

転職理由が志望動機と一貫性がない場合、矛盾が生まれてしまいます。

しっかり転職理由を作り終えた後には、志望動機と一貫性があるかを必ず確認しましょう。

例文

志望動機

例文

IT企業に興味を持ち、自分なりに勉強をする中で、仕事としてスキルアップしたいと思う様になりました。そんな中で、御社の開発する〇〇というツールを利用した際に、自分もこんな素晴らしい物を生み出したいと思う様になりました。それから御社に入って、素晴らしいスキルを身につけて、成長したいと思い志望しました。

転職理由

例文

私は学生時代から、プログラミング言語を学習したりなど趣味程度に行って来ました。ITについて学ぶにつれ私自身IT業界で働きたいと強く思うようになりました。この思いを諦め挑戦せずに後悔するよりは、挑戦して後悔した方が自分自身の成長になると考えて前職を退職し、御社を志望しました。

転職理由の例文

前職では、不動産販売営業をしていました。前職で営業をする上で大切なノウハウを学ばせていただきました。

しかし私自身学生時代から、ITエンジニアについて興味がありプライベートではありますが、プログラミング言語を学習したりなど趣味程度に行って来ました。

ITについて学ぶにつれ私自身IT業界で働きたいと強く思うようになりました。

この思いを諦め挑戦せずに後悔するよりは、挑戦して後悔した方が自分自身の成長になると考えて前職を退職し、御社を志望しました。

履歴書と一貫性を持たせる

マサ

転職理由を履歴書に書く時は、簡潔に書く様にしましょう。

ダラダラと書いてしまうと、読むのが大変ですし、面接で同じ事は話す様になってしまいます。

履歴書に書く事は、ポイントだけを書いて、それを元に採用担当の人が質問をしてくるという形にした方が面接の時に楽です。

まとめ

要点まとめ

・ネガティヴではなくポジティブな意見を言う

・自信を持ってハッキリと言う

・嘘をつかずに誠実に答える

マサ

面接をする上で、ネガティヴ事を言う人はマイナスです。

《転職理由》に関する質問では無かったとしても、ネガティヴな発言をする事は、NGだと言う事を覚えておいてください。

転職理由を考える時は、「成長」「スキルアップ」「新たな経験」といった前向きな言葉を使って理由を述べると、ポジティブに聞こえるので使ってみましょう。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!