LIFE

1年のブランクがあっても転職する事は簡単にできる!【ポジティブ思考で乗り越える】

ブランク期間がある人の疑問
  • ブランクがあると転職できないの?
  • ブランクを活かす方法ってあるのかな?
  • 1年ブランクがあっても大丈夫?

仕事をしていない期間が、少しでもあるとどうしても転職をするときに不安にになってしまいますよね?

転職に関する記事を見ていると、働いていた期間が途切れてしまい、ブランクがあるとなかなか転職しづらいと言う意見が多く見られます。

しかし、一概にブランクが空いているからといって、転職が難しいと言うわけではありません。

もし今あなたが、ブランクがあるにもかかわらず転職をしたいと思っているのであれば、あなた自身がブランク期間中に何をしていたかを今一度思い出してみてください。

そして、もし今からブランク期間が始まるのであれば、この記事をしっかりと読み込んで、プランク明けをしたときに転職困難にならないように、今の段階から準備しておきましょう。

ブランクがあるにもかかわらず、すんなりと転職できるためには、ブランク期間中に何をしていたかが非常に重要になっていきます。

もしも何もできずにブランク期間を過ごしてしまった人は、非常に大変になってしまうこともあります。

マサ

そんな人でも、この記事を読むことで、ブランク関係なく転職に成功することができます。

この記事でわかる事!
  • 転職でブランクがあっても大丈夫か?
  • 不利になってしまう原因は?
  • ブランク期間中の過ごし方が重要
  • 面接での解答例
  • ブランク期間に何もしていない人が転職成功させる方法
  • ポジティブ思考の大切さ!

転職で1年ブランクがあっても大丈夫?

結論

問題ありません!大丈夫です

面接官は、あなたの事を「落とす為」にではなく、「採用する為」にあなたと面接をしている事を忘れないでください。

自分自身に、ブランクと言うコンプレックスを持っているあなたは、どうしてもブランクについて質問される事を怖がってしまっています。

マサ

面接ではブランクだけでなく、様々な質問がされます。

その中で自分の「出来ること」をアピールすることが重要です。

転職面接で、ブランクがあるからといって、即不採用になる事はまずありえないです。

転職でブランクが不利になる理由

実際に転職する立場だと、ブランクがあっても問題なく働けると思いがちですが、採用担当者の側から立って考えてみると、なぜブランクがある人が不利になるのかがわかってきます。

そして、採用担当者に立つことで、ブランクがあっても採用したいと思える人材がどんなものなのかを理解することができます。

マサ

しっかりと理解することで、今自分が何をすればいいのかが見えてくきます。

働く事のモチベーションが切れていないか?

働くない期間が長ければ長いほど、働くことに対するモチベーションが下がってしまうことがあります。

これまで日々習慣となっていた仕事が、大幅なブランクにより週間ではなくなってしまうことから、また仕事始めてもなかなかモチベーションが戻らずに、ダラダラとしてしまうことがあります。

面接官としては、会社に利益をもたらして、長く働いてくれる社員を採用したいと考えています。

採用人数が、募集人数より下回っている場合、ブランクが多くあっても採用される可能性は十分にありますが、募集人数より上回っている場合などは、ライバルも多くなるので、そのライバルと比べたときに、ブランクという問題が不利になってしまうことがあります。

過去の経験スキルを活かせるのか?

転職をすると言う事は、前職のスキルを活かして転職をする事が多いです。

採用担当者も、前職で培ったスキルを自社に入っても活かして欲しいと考えているので、ブランクが空いてしまうと、そのスキルを活かせないのではないかと思ってしまいます。

20代であれば、前職の経験があまりなかったとしても、未経験者として転職することは可能ですが、20代後半や30代になってくると、前職でどんな成果を出したのかや、どんなスキルを持っているかなどを重視して判断することが増えてきます。

もしあなたが、20代なのであれば、転職市場価値としては高いので、転職したいと思っている今がチャンスかもしれません。

市場価値を高めるて転職を有利にする方 5選 【早めに始めてレア人材になろう】市場価値を理解をしている人は、少ないのでは無いでしょうか? キャリアアップ転職をしていくには、自分自身の市場価値を知る必要があります。今回の記事では、自分自身の市場価値を知る方法yあ高める方法を解説しています。 ...

ダラダラしてしまうタイプの人なのか?

ブランク期間が長いと聞くと、どうしてもダラダラとしてしまう性格なんではないかと思ってしまいます。

会社からしてみれば、あまりだらけた人材を採用したくはありません。

採用担当者は、会社の上司から会社の利益になる人材を採用してほしいという指示を受けて面接を行っています。

そのため、採用してリスクになるような、人材を避けて採用してしまいます。

ここで重要となってくるのが、ブランク期間中にあなたがどんなことをしてきたのかが、重要になってきます。

1年のブランク中にどう過ごしたかが重要

転職でブランクがあっても、問題なく転職するためには、ブランク期間に何をしていたかが非常に重要になってきます。

マサ

ブランク期間中にどんなことをやっていれば良いのでしょうか?

マサ

3つに分けて紹介していきます。

スキルアップ

ブランク期間中に、スキルアップをしておけば、そのブランクが必要であったと言う証明になります。

資格取得や新たなスキルを身に付けておくことが大切です。

資格取得であれば、しっかりとしたスキルの証明になるので転職するときにさらに有利になることがあります。

もしも、転職活動する前にブランク期間をおいて資格取得の勉強に当てたい人は、ブランク期間を作っても問題ないです。

SMART合格対策講座

やりたい事があった

やりたいことがあって、ブランク期間を有効に使ってそのやりたいことを知ることができたと言う経験も非常に重要です。

ここで重要になってくるのは、そのやりたいことで何を得ることができたのかを言葉にすることができると言うことです。

海外旅行に行きたいと言う願望があり、その間海外留学をしていたのであれば、その中で培った、英語力を日面接の時にプレゼンすることができればプラス加点になります。

もしもやりたいことがあって、ブランク期間をおきたい場合はそのやりたいことって何を身に付けることができるのかをしっかりと考えてから行動すると良いです。

あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】

病気を患っていた

病気を患っていた場合は、あまり転職活動で不利になる事は少ないかと思います。

その病気内容にもよりますが、病気と言う事は仕方ない理由で仕事ができなかったと言うことにもなるので、マイナス評価になる事はあまりありません。

もしも、病気と言うハンデを背負ってしまい、転職活動に不安を感じるのであれば、病気療養中に資格取得をしたり、何か新しいスキルを身につけたりする事をした方がさらに良いです。

会社と言うものは、利益を求める組織なので、あなたの患っている病気が、会社の利益にならないと判断されてしまうと、なかなか採用されないこともあります。

転職活動を再開したと言う事は、あなたの病気は良くなっていると思いますので、その良くなったことを証明することができれば問題なく転職活動を成功させることができるでしょう。

ブランク期間について質問された時の回答例

面接の際に、ブランク期間中にどんなことをしていたのかを質問される事はよくあります。

マサ

そんな時に、どんなふうに答えれば交換でよく聞こえるのでしょうか?

ここでは、面接で「ブランク中にどんなことをしていたか」についての質問の回答例を紹介していきます。

【転職】面接で採用担当者が重視しているところは?《完全解説》面接の際に採用担当がどこをどのように見て審査いているかを理解しておけば、面接の前段階から対策をする事ができます。テスト対策は皆さんしますが面接対策をしっかりしている人は少ないのではないでしょうか?今回は面接官がどのように面接えお行っているかを解説します。...

回答例:スキルアップをしてた場合

スキルアップの例文

私は、仕事をしていない期間に、〇〇と言う資格を取得しました。

仕事をしていない期間は、〇〇資格を取得するために1日何時間も勉強をすることがよくありました。

この期間では資格取得だけでなく、勉強をして集中して何かに取り組むと言う経験をすることができ、モチベーション維持をするために自分自身はどのようなことをすれば良いのかを理解することができました。

この期間で得た経験や知識は今後、御社に貢献できるスキルだと考えております。

そしてこの期間に得た資格も活かしていきたいと考えております。 

回答例:海外旅行をしていた場合

海外旅行の例文

私は、仕事をしていない期間に、アメリカに1年間旅行をしておりました。

かねてから海外に1人で旅をすることが夢だったのでその夢を叶えるために、転職を止め挑戦をしてきました。

海外では、日本にはない文化や価値観などを体験することができ、アメリカの良さだけでなく、日本の良さまでの気づくことができました。

そして、旅行する前までは英語を話すことができなかった私ですが、1人で海外旅行をすることで、海外の人としっかりコミニケーションを取らないといけないと言うこともあり、英語力を身に付けることができました。

様々な人とコミュニケーションをとり、これまで以上にコミニケーション能力を身に付けることができ、英語力も身に付けることができたのでこのスキルを活かして御社に貢献していきたいと思っております。

回答例:病気療養をしていた場合

病気療養の例文

私は、〇〇と言う病気を患っており、1年間近くに仕事をすることができない状態でした。

その期間の間、全力で〇〇と言う病気を治すために努力をしてきました。

そして、仕事をしていない間今まで時間がないと言い訳をしてできていなかったことをやることもできました。

私は〇〇と言う趣味があり、その中で違った知識を生かして〇〇と言う資格を取ることができました。

病気療養期間と言うネガティブな状況でも自分自身をポジティブに持っていくと言うスキルを身に付けることもできましたし、〇〇と言う資格を取得することもできました。

自分自身の中では、この1年と言うフランク機関は非常に重要な機関だと捉えております。

ブランク期間に何もしてなかった時どうする?《方法はたった1つ》

マサ

ブランク期間に何もしてこなかった人を救うための方法はたった1つです。

その方法は転職エージェントを利用することです。

【転職エージェント】ダメ絶対!転職エージェントを選ぶ時の重要ポイントを伝授転職をするときは、非常に不安になります!右も左もわからない状態で、転職をしたいと思っていても、なかなか最後の一歩が踏み出せないことがほとんでです。しかし、僕自身は転職サイトに登録し、転職エージェントに相談をすることで、二週間で転職に成功することができました。今回は二週間で成功した方法を紹介いたします!...

ブランク期間がある人にとって最大の壁というのが、書類選考になります。

書類選考で履歴書を提出したときに、ブランク期間があると書類選考の段階で落とされてしまうことも多くあります。

しかし、ここで紹介する転職エージェントを利用することで書類選考をすることなく、いきなり面接をすることができます。v

いきなり面接をすることができれば、あなたの人間性やコミニケーション能力なども加点評価してくれる可能性が大いにあるのでメリットばかりです。

そして、転職エージェントを利用することで、あなたの抱えるブランク期間をどのようにプラスの方向に変えればいいかと言う相談に乗ってくれたりもします。

転職エージェントは、転職のプロでもありますので、そのプロから面接対策を教わることができれば、自分1人で転職活動するよりも有利に転職活動をすることができます。

そして、面倒な求人探しをしなくても、転職エージェントがあなたに合った転職先を紹介してくれるので、楽に転職活動を進めることができます。

既卒未就職や第二新卒の方必見


新卒時代とは違う就職活動の仕方教えます。
まずは下記より登録↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HMPN7+9TNI42+33T0+5YRHF

王道の転職エージェントが優秀!

マサ

王道の転職エージェントもおすすめです!

有名どころの転職エージェントは、求人数も他の転職エージェントより桁違いなので、安心してサービスを受けっることができます!

転職エージェントに迷っているのであれば、以下の3つの転職エージェントがオススメです!

リクナビエージェント

リクルートエージェント

おすすめエージェント

全国どの地域に住んでいても利用できる!

独占求人が豊富!

無料で利用可能

信頼性
8
求人数
8
対象年齢
7
非公開求人数
8

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめエージェント

中小企業の独占案件が多数!

IT・通信系の求人が充実!

第二新卒者に強い

信頼性
8
求人数
4
対象年齢
5
非公開求人数
8

doda

doda

おすすめエージェント

幅広い求人を用意!

ユーザーにあった求人を提案

無料で利用可能

信頼性
8
求人数
6
対象年齢
6
非公開求人数
8

これからブランク期間に入る人へ

これから、ブランク期間に入る人は、まず自分のやりたい事は何なのかをしっかりと理解しておきましょう。

ブランク期間中に、資格を取らなければいけないという重荷を背負う必要はありません。

あなたのやりたいことの中に資格取得があるのであれば、それに越した事はありませんが、ないのであればそれに固執する必要はありません。

自分自身が、今までできてこなかったことをその期間の間した方が良いと考えています。

そして、その期間中にできた自分のやりたい事の中で、自分自身が何を学べたのかをしっかりと頭の中で整理しておきましょう。

その期間で出来た経験は、今後、改めて社会に出た時に、非常に役に立つ経験やスキルになっていることでしょう。

ポジティブに考える事で全て解決

ブランク期間と聞くとどうしても転職にネガティブになってしまう人が多くいます。

しかし、ブランク期間というのは一概にネガティブなことばかりではないと言うことです。

このブランク期間をポジティブに捉えることで、面接官にも伝わりそのブランド期間が非常に重要だった時間と言うことがわかります。

転職は、ポジティブである方が非常に有利です。

転職活動では、一度自分自身のことを自分で見つめ直す時間が非常に多くなります。

そんな時にポジティブ思考であれば、発言する内容もポジティブになることができます。

しかし、逆にネガティブな考えでいると、どうしてもネガティブな内容になってしまうのでなかなか転職活動がうまくいかないことがよくあります。

他の人や面接官がネガティブに捉えるようなことでも、ポジティブに捉えることができると言う人間性は非常に魅力的です。

その魅力的なスキルも必ず面接官には伝わりますので、転職活動をする際は必ずポジティブ思考に切り替えて行うようにしましょう。

【まとめ】ブランク期間を転職活動に活かそう!

要点まとめ
  • ブランクがあっても転職成功できる
  • ブランク期間中の過ごし方が大切
  • 何もしてなかったとしたら、転職エージェントを利用しよう
  • ポジティブ思考が大切!

転職活動においてブランク期間はないほうがいいと言われることがほとんどです。

しかし、どうしてもブランク期間を設けなければいけない人やブランク期間ができてしまった人などはたくさんいるはずです。

面接官は、あなた自身を落とすつもりで面接をしているわけでもありませんし、ブランク期間があるとは言えすぐにダメな人間だと決めつけているわけではありません。

1番大切なのは、あなた自身がブランク期間中に何をして何を身に付けることができたのかを面接官に伝えることができるかが非常に重要になってきます。

ブランク期間がある人は、自己分析だけでなく、ブランク期間中に自分自身がどんなことを見つけることができたのかをしっかりと考えて面接対策をするようにしましょう。

そして、どうしてもブランク期間中、何もすることができなかった人は、今回紹介したように転職エージェントに相談することで書類選考を受けることなくすぐに面接に進むことができるので、転職エージェントを利用するとうまく転職活動を進めることができます。

転職活動はポジティブであればあるほど、有利に進めることができるので、ブランク期間があると言うネガティブな状況でもポジティブに考えて転職活動を進めていくようにしましょう。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!