WORK

終身雇用が崩壊!【大転職時代に乗り遅れない為の方法】

今後の働き方の不安
  • 企業が雇用を保証してくれなくなる
  • これからの働き方は?
  • 大転職時代が不安!

マサ

皆さんは、終身雇用が崩壊していく事についてしっかりと考えていますか?

最近では、大企業でも終身雇用が難しいとニュースでは報道されますが、自分のことのように考えている人が多いです。

しかし、今の段階から終身雇用が崩壊してからの自分のキャリアプランについて考えておかないと、取り返しのつかないことになり、大きな損をしてしまいます。

そして、終身雇用が崩壊してからは、大転職時代がやってきます。

マサ

その時にあなたは、すぐに転職を成功させる自信はありますか?

この記事を読む事で、今後の日本の雇用制度の変化を理解する事ができます。更に、私たちが今後どのような働き方を目指すべきかを詳しく解説しました。

この記事でわかる事
  • 終身雇用制度について
  • 就寝雇用のメリット・デメリット
  • 日本と世界とで働き方の違い
  • 大転職時代が来る
  • 転職を成功させるには?

終身雇用制度とは?

日本では長い間「終身雇用」という人事制度を採用してきました。

終身雇用とは、企業が、社員を入社から定年まで雇用し続けるというものです。

社員の雇用を定年まで約束をする事で、社員が安心して働くことの出来るシステムです。

現在の日本企業のほとんどが正社員に対して終身雇用を保証しています。

日本で終身雇用制度が導入されたのは1950年頃、高度経済成長期だった日本企業は、優秀な人材を確保し、他企業との競争に勝利するために大きな労働力を必要としました。

しかし、当時の日本は労働者の移動が激しい社会でした、特に工場で働く労働者たちは技術を身に付けた熟練工になるとより給料の高い職場を求めて次々と転職していきました。

企業からすれば従業員がスキルを身に付けたと思ったらいなくなってしまう問題を解決するために会社側、優秀な人材を引き留めるためににいろいろな制度を考え、勤続年数に応じて昇給する制度、会社が退職金を積み立てる制度、他にも福利厚生を充実するなど、長期間働いてもらうための制度を導入していきました。

終身雇用のメリット・デメリット

メリット

  1. 採用コストが軽減できる。
  2. 既存意識の高い人材を確保できる。

デメリット

  1. 生産性の低い従業員も雇用し続ける必要がある。
  2. 従業員の向上心が低くなりやすい。

日本と世界との雇用体系の違い

日本と世界では、「働き方」という考え方に大きな違いがあります。

日本の基本的な働き方は「メンバーシップ型」海外の基本的な働き方は「ジョブ型」となっています。

マサ

この2つにはどんな違いがあるのでしょう

メンバーシップ型

日本と雇用体系はメンバーシップ型と呼ばれています。

メンバーシップ型とな年功序列の資金体系で入社から定年まで勤める事が前提となっている雇用体系のことです。

入社してから各々がランダムで配属され、転勤や複数の部署を移動し、長期的に成長していくスタイルです。

ジョブ型

海外の雇用体系では、ジョブ型が一般的です。

個人がどんなスキルを持っているかが大前提です。

入社する時に、どんなスキルが使え、成果目標などを決めて、契約する流れがほとんどです。

高いスキルを持っている人であれば、高い報酬を得ることができます。

そして、転勤や職種の移動がない為、1つに特化したスキルを手に入れる事が出来ます。

スキルが磨かれ、新たに高い報酬を払ってくれる企業を見つけたら、その企業に転職をしていく事がほとんどです。

グローバルスタンダードな働き方

世界的な働き方の考えには、終身雇用といった考えや、正社員という概念がそもそもありません。

世界的な仕事の種類は3つに分かれると考えられています。

  1. クリエイター
  2. スペシャリスト
  3. バックオフィス
マサ

上記の3つがあります!

クリエイター

クリエイターは創造的な仕事をする人のことです。

クリエイターと言うと画家やミュージシャンのように思えますが、機構起業家やスポーツ選手などもここに含まれています。

クリエイターの特徴としては、会社から給料をもらうのではなく、自分の力でお金を稼ぐ人のことを言います。

マサ

クリエイターは大きな報酬をもらえることができますが、成功する人は一握りです。

スペシャリスト

スペシャリストは専門家のことです。

医者や弁護士プログラマトレーダーなど専門的な知識を生かして仕事をしている人たちのことをいいます。

給料や補修は高いいい傾向にある職業ですが、それに伴って責任も大きくなってくると言う特徴があります。

そして、スペシャリストは、自分の力で稼ぐこともできますし、組織に属して給料をもらうこともできます。

バックオフィス

バックオフィスは決まった業務をする人たちのことをいいます。

仕事内容がマニュアル化されているので、誰がやってもほとんど差がつかないようになっています。

しかし、バックオフィスは給料が低いこともありますが、その分責任がないと言う特徴があります。

労働はあくまでも生活の手段で、決まった仕事が終われば外に時間を使いたいと考えている人にはぴったりの職業です。

大転職時代の働き方は?

終身雇用が崩壊していく中、今後日本ではどのような働き方が求められるのでしょうか?

日本では2019年から働き方改革が始まりました。働き方改革は働き方を欧米の基準に近づけると言う内容が盛り込まれている為、今後、徐々に日本の働き方は欧米に近づいていくと考えられます。

そのため、今の家から自分の市場価値を知り、どのようなスキルが求められるのかを把握して、大転職時代に備えておく必要があります。

自分の市場価値を知らずに、古い価値観のままで働き続けてしまうと、時代の流れに取り残されてしまいます。

まずは自分自身が市場からどのような評価を受けているのかをしっかり把握して、今からできるスキルアップを始めていきましょう。

市場価値を高めるて転職を有利にする方 5選 【早めに始めてレア人材になろう】市場価値を理解をしている人は、少ないのでは無いでしょうか? キャリアアップ転職をしていくには、自分自身の市場価値を知る必要があります。今回の記事では、自分自身の市場価値を知る方法yあ高める方法を解説しています。 ...

転職を成功させるには

マサ

転職を成功させるにはどのようなことをしたらいいんでしょうか?

日本人は、あまり転職に良いイメージを持っていないので、転職を極力避けようとします。

そのためいきなり転職をしなければいけない場面が来たときに、何をしていいか分からない状態になる人が非常に多いです。

転職を成功させるには、しっかりとした準備が必要です。

まず、自分の市場価値を知り、自分のスキルが通用する企業を探す必要があります。

そのためには、転職サイトに無料で登録して求人を探していく必要があります。

しかし、1人で転職サイトで求人を探すとなると膨大な時間がかかるため、僕がお勧めする手段としては転職エージェントに相談をして、自分のスキルに適した企業を紹介してもらうことが、非常に有益だと考えます。

転職エージェントに相談することで、求人紹介だけでなくその後の書類審査や面接対策の相談にも乗ってくれるので、転職エージェントを使わない人よりは数十倍も有利な状態で転職を進めることができます。

【転職エージェント】ダメ絶対!転職エージェントを選ぶ時の重要ポイントを伝授転職をするときは、非常に不安になります!右も左もわからない状態で、転職をしたいと思っていても、なかなか最後の一歩が踏み出せないことがほとんでです。しかし、僕自身は転職サイトに登録し、転職エージェントに相談をすることで、二週間で転職に成功することができました。今回は二週間で成功した方法を紹介いたします!...

【まとめ】次の働き方に備えよう!

要点まとめ
  • 終身雇用制度は、日本特有の人事制度
  • 日本の働き方は時代遅れ
  • グローバルスタンダードに近づく
  • 大転職時代に備えよう!

終身雇用が崩壊していく中、我々労働者たちはどのような働き方を求められるのかをしっかり考える必要があります。

日本では、長い間終身雇用制度が採用されてきたので、なかなかその価値観から抜け出せる人が少ないと思いますが、早めに抜け出すことができれば、それだけで大きなスキルになります。

そして、今後日本の働き方は、グローバルスタンダードになり、アメリカと同じような働き方にシフトしていくと考えられます。

そのため、メンバーシップ型からジョブ型働き方をシフトしていく必要があります。

ジョブ型にシフトしていくためには、自分自身のスキルをしっかり磨いて、企業から必要とされる人材でなければいけません。

マサ

今後、努力した人は、それに見合った報酬を手にすることができます。

あなたも時代の変化に対応するために、今の家から準備をしておかないと、大きな損をしてしまう可能性が高いです。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!