WORK

【転職】面接で採用担当者が重視しているところは?《完全解説》

面接の悩み

・採用担当の人はどこをみてるの?

・採用の判断基準は?

・何回も面接する意図は何?

面接で様々な質問をされる事が多いと思いますが、何故そのような必要をしてくるのでしょうか?

長所や短所そして自己PRなど決まって必ず聞かれる事もありますよね!?

面接の際に採用担当がどこをどのように見て審査いているかを理解しておけば、面接の前段階から対策をする事ができます。

テスト対策は皆さんしますが、面接対策をしっかりしている人は少ないのではないでしょうか?

面接にも的確な対策をする事で、内定確率を格段に向上する事ができます。

マサ

僕は未経験からITエンジニアに2週間で転職をした経験があります。

その経験から学んだ事やスキルを有益な情報として発信をしていま。

採用担当者がどのような考えで貴方と面接をするかを事前に理解して、秒速で内定を勝ち取りましょう!

この記事でわかる事!

・採用担当者が重視している事

・どのような人が二時面接に行けるのか

・何度も面接をする意図

採用担当者はどんな人?

採用担当は様々な人事関係の仕事をこなしています。《求人応募》《入社後の管理》など様々です。

採用をすると言うことは、その会社に貢献する人材を見極めて選ばなければいけません。

マサ

会社を発展させなければいけない任務が課せられています。

採用担当者が企業に合わない人を採用し続けてしまうと、「人手不足」「人間トラブル」などにもなってしまいます。

会社からしても人を雇う事は、コストがかかりますので、なるべく即戦力になり会社に利益をもたらしてくれる人でなければいけません。

採用担当者には大きな責任がある為、妥協する事なく採用選考を行わなければならないのです。

コミュニケーションができているか

日本社会で仕事をする為には必ずと言って良い程必要になってくるコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力といっても様々ありますし、完全に理解している人は少ないです。

《一般的には》

・外交的な人

・明るい人

・人と話すのが得意な人

この様に捉えている人が多いですが、コミュニケーションはそれだけではありません。

・人の話を聞く力

・相手の思考を察知する力

など非言語的なコミュニケーション能力も社会では必要になってきます。

ノンバーバルコミュニケーション

コミュニケーション能力を鍛えようとした時に、どうしても「話し方」「何も話すか」などにフォーカスしがちですが、それ以外に「察知」「予知」など《ノンバーバル》非言語領域のコミュニケーション能力も重要です。

面接では、筆問の際にどう答えるか!?良い事を言わないといけない!と言った言語的な部分を考えている人が非常に多いです。

ノンバーバルコミュニケーション

・表情

・声のトーンや大きさ

・ジェスチャー

人間の五感で感じ取ることの出来るコミュニケーション方法のことです!

マサ

空気といった表現もされる時があります!

第一印象にも大きく関わるコミュニケーションなのでしっかり認識しておきましょう!

採用担当者はノンバーバルなコミュニケーションの領域までも面接で見ています。

・人の話をしっかり聞いて質問に答えているか

・目線はどこに向いているのか

・質問意図を理解して準備しているか

様々な要素を審査しています。

話す事や何を言うかなどは、一夜付けでも考える事や思い付くことが容易です。

ほとんどの人は、それしかやらないですが、重要なのは人間性です。

人間性はノンバーバルコミュニケーションによく現れます。面接の際はノンバーバルなコミュニケーション能力に注目するべきです。

能力値を判断

転職となると社会経験をしている為、少なからず能力値を重視して判断される企業も増えてきます。

20代の早期転職であれば、新卒社員と同じようにフレッシュさや若さで何とかなりますが、年齢が高くなればなる程その人が持っているスキルが重要になってきます。

マサ

自分の能力を理解したうえで面接に臨む事が最重要です

❶会社に合う能力があるか

能力によって会社に合う合わないがあります。

転職するにあたっても同職に転職をする場合は前職で学んだノウハウや技術を活かせるので、問題はないです。

全く違う職種に転職を、する場合は、貴方の人間性的スキルなどを審査されます。

営業職に転職するのであればコミュニケーション能力が必要ですし、管理系の職業につくには計画性なども必要になってきます。

貴方が会社に必要とされる能力をアピールする事が非常に重要となってきます。

❷社風に合っているか

会社は入社してからもその他の社員と連携を取りチームとなって活躍して欲しいと考えています。

社風に合っていない社員を採用してしまうと人間関係でのトラブルや、社内空気が悪くなってしまう事もあります。

採用担当者としてはそれは絶対に避けたいと考えるので、現在勤務している社員と合うのかを見定めて採用をしています。

必ず入りたいと思う企業がある場合は、その企業の雰囲気や社風を調べて、それに合わせるスタンスで面接に臨むと良いでしょう。

❸印象は良いか

全ては第一印象で決まります。

マサ

本質は第一印象ではわからないですが、人間関係に置いて初めの印象は非常に重要です。

・清潔感がある

・笑顔が素敵

・覇気がある

・モチベーションが高そう

・美人、イケメン

・挨拶ができている

マサ

第一印象が良い事の要素は人それぞれだと思いますが、全て必須です。

逆の立場に立って考える事で何が必要か見えてくるでしょう!

前職を辞めた理由が我が社にも該当するか

前職を辞めた理由は、転職活動する際には必ず聞かれます。

会社としても採用するにあたり、長期的に働いて欲しいので、辞めた理由を確認しておきたいと思っています。

辞めた原因が自社にもあるとすぐに辞めてしまってコストがかかってしまう為、どの様な理由で転職を決めたのかを確認します。

前向きな理由や、自社の仕事に希望を持って入社して欲しいと思っている為、必ず転職理由はポジティブで前向きな理由を述べるべきです。

嘘をついていないか

嘘をついている人を誰もが雇いたいとはおもいませんよね!?

今後一緒の会社で、仕事をする人は、誠実で真面目で明るい人が良いと必ず思うはずです。

ましてや、嘘をついてしまう様な人は信用する事が出来ないので、本当の事を言っているのか!?

マサ

頼性があるのかを面接では見ています。

長所や短所そして、自己PRを話す時に根拠が感じられない内容や薄っぺらい様なストーリーで話してしまうと話を持って話していると思われてしまいます。

自分自身でなければ話すことのできないリアルなストーリーを交えて話すことで、信頼の出来る回答になります。

二次面接に通してと良いか

一次面接では、人事部の社員の人が初めに面接を行う事が一般的です。

面接担当者は自分の上司に「何でこんな人を通したのだ?」とお叱りを受けてしまう可能性があります。

面接をするにと時間と労力がかかりスケジュールを開けたりと結構な手間がかかります。

マサ

効率的に優秀な人を雇いたいと思うはずです。

それは上の立場になればなるほど思っている為、会社に相応しくない人を通過させてしまうのは時間の無駄です。

採用担当者は自分自身が自信を持って上司に紹介できる人材を採用したいと考えるはずです。

段階別判断基準

❶一次面接:最低限とのマナー

一次面接は、応募人数も多い為一人一人に長い時間を費やす事はできない為、最低限のマナーや社会人としての基礎が身についているかなど人間性を確認されることが多いです。

・清潔感があるか

・話し方にマナーはあるか

・身だしなみはしっかりしているか

社会一般的に常識とされている事が出来ていないと一次面接を通過する事はできません、その他の企業の面接を受けても通過する事は難しくなってきます。

マサ

最低限のマナーや身だしなみを整えてから面接に臨みましょう!

❷二次面接 : 仕事の理解度

二次面接は、企業についてどれだけ理解しているかといった深いところの面接です。

興味のある企業であれば、しっかりと下調べをしてから来ていると思って面接を行われます。

・その企業ではどの様なプロジェクトがあるのか!?

・会社の歴史はどれだけあるのか!?

マサ

基礎的知識はしっかりと身につけて臨むべきです。

その会社に入ってからの自分のビジョンを持っているかも判断基準に該当します。

その場限りの情熱ではなく、入社してからも継続的に会社に情熱を注いでくれるかを審査されています

❸最終面接 : 意識の高さ

最終面接になると、社長やある程度の地位の高い役職がの人と面接をすることが多くなります。

最終面接では、仕事に対する意識の高さや、社風に合っている人なのかを審査されます。

その会社を意識的に支えている人は、ある程度地位の高い人がほとんどで、そんな人が、「この人が居てくれたらより良くなる」「貢献してくれそう」と思ってくれるかが勝負です。

マサ

熱量を持ってアピールする事が非常に重要です!

【まとめ】採用担当者の思考

要点まとめ

・採用担当者には大きな責任がある

・採用担当に気に入られ事は非常に重要

・コミュニケーションについて理解しよう

・面接は段階によって意図が異なる

採用担当は様々な観点から採用不採用を判断しています。

会社によって採用基準が異なる為少し抽象的な解釈になりがちですが、一般的に大事とされているマナーや身だしなみなどはしっかりと整えて臨むべきです。

採用担当者が自分をどのように見ているかを知っているでけで、面接に対する意気込みも変わります。

接も段階によって審査内容が変化します。その時に合わせた面接対策が最重要です!

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!
SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!