WORK

親に反対されて転職できない人必見!【反対してくる理由7選】

親に反対される人

どうして転職を反対してくるの?


反対されたらどうするの?

喧嘩になりたくないな

転職を考えた時や仕事を辞めたいと思った時に、親にどのように伝えようか考えるはずです。

マサ

仕事の事で悩んでる時に「辞めたい」と言って反対されると更に悩んでしまいますよね?

反対された時に自分の考えや思いを正しく伝える事が難しい事もありますし、感情的になってしまい喧嘩になる事もあります。

仕事を退職するとなると、人生に大きく関わる問題でもあるので、親は心配をしてくるに違いありません。

今回は、「親に反対されるかもしれない」「親に反対されて転職できない」という悩みを解決する対策を紹介します。

この記事でわかる事
  • 親が反対する理由
  • 反対されて迷ってしまう人の特徴
  • 親を説得する方法
  • 親に相談しないで転職する『メリット・デメリット』
地元に戻って、今より幸せに暮らそう!【後悔しないで】地元に戻りたいと悩んでいるのに、今だに戻れていな人が大勢います。不安などがあり行動できないのであれば、その不安は、一瞬で解決します。 今回は、地方で今よりも幸せに暮らす為の転職方法を紹介します。...

転職を親が反対する理由 7選

マサ

退職や転職をしたいと言った時、何故親は反対をしてくるのでしょうか?

「自分の人生だから、好きにすればいい」

「大丈夫、あなたのこと信頼しているからね」

子どもの意志を尊重し、見守ってくれる。そんな親は残念ながらほんのわずかでしょう。

「親ガチャ」という言葉があります。親ガチャとは『子供は親を選べない』『どういう親の元に産まれてくるかは運次第』ということを、何が手に入るかは運次第の『ガチャ』にたとえた言葉です。流行語大賞トップ10に選ばれたほど話題になりました。

見た目や性格、資産などいい条件を持った親の元に産まれていれば人生上手くいくのに……。

そう嘆く意味でつかわれていることが多いです。

子どもじゃないんだから、自分のことくらい自分で決めさせてくれよ~!

優しくて理解のある親がよかったのに!!

そんなあなたの気持ちもわかります。しかし親の立場になって考えてみれば、どうすればいいかがわかってきます。

マサ

反対する理由を7つ紹介します。

  1. 将来を心配している
  2. 安定して欲しいから
  3. 転職活動が大変だから
  4. 終身雇用世代だから
  5. 世間体を気にしている
  6. 失敗してほしく無い
  7. 現在の会社が大企業だから

将来を心配している

親からみれば、いくつになっても子は子ども。大抵の親は、子供の将来を心配しています。

若くして転職をする事は、簡単なことではありませんし、今まで以上に苦労する事があるとわかっているからこそ、反対をしている可能性があります。

逆の立場で考えた時に、人生ハードモードになるかもしれないとわかっていて賛成する人はいません。

親は、あなたに対して「将来しっかりと自立をして生きて欲しい」と思っています。

転職反対は「愛情の裏返し」と捉える方が気が楽な事が多いです。

安定して欲しいから

仕事が安定せずに「フラフラ」としてします人がいます。

親としては、安定した職業に勤めて欲しいと思いますし、若くして仕事を辞めてしますと、「簡単に仕事を辞めてしまう」と思ってしまい、我慢を覚えさせようとしてきます。

簡単に仕事を辞めてしまう人は、何も得る事がなく歳をとってしまうので、いつか苦労してしまうと、心配ています。

転職活動が大変だから

転職活動を簡単と取れ得る人であれば問題ありませんが、コミュニケーションが苦手な人であれば、「面接が嫌い」と感じて、苦手意識を持つはずです。

就職活動に苦労した人は、その姿を親は見ているので、また同じ苦労をして欲しくないと思うはずです。

マサ

過去に自分が就活困難になった事のある人は、確実に「反対」か「心配」はされるでしょう。

親世代では終身雇用が当然だったから

親の世代は、終身雇用が当たり前の時代でした。

一つの会社に定年まで勤める事が正しい事とされていた時代だったので、転職する事は「損している」と考える人が多いです。

現在は、大きな企業でさえ終身雇用を保証できなくなっているが、時代の情報から遅れをとっている親世代は、自分たちの価値観で考えてしまうので、意見が合わなくなるケースが多いです。

世間体を気にしている

周りの人から「変に思われてしまうのが嫌」と見栄を張っている親も中にはいます。

転職となると、あまり良いイメージを持たない人が多いですし、地方になれは、さらに多くなってきます。

その為、近所の人や、知り合いから「なんて言われるかわからない」と思っている親も中には沢山います。

失敗してほしく無い

転職に失敗してしまい、無職になってしまったり、バイト生活になってしまったりする人も中にはいます。

転職は、簡単に成功する人もいれば、失敗して損をしてしまう人も中にはいます。

親は、転職成功よりも、先に失敗してしまうのではないかと不安や心配になることがほとんどです。

現在の会社が大企業だから

マサ

今の会社が有名大企業であれば、反対される確率は高くなります。

転職となると相当な実績がなければ、大企業に転職はだきませんし、基本的には中小企業がほとんどです。

親からすると、大企業に勤めている子供が「誇らしい」と自慢していたかもしれません。

大企業から中小企業に転職するとなると、一見すると「ダメになる」と考える人が多いので、反対をしてくる親も多いです。

親に反対されて悩む人の特徴 5選

マサ

親に反対されて、気持ちが揺らいでしまう人は多いです。

しかし、転職活動にはしっかりとした決意が必要なんので、迷っている要では、成功する確率を下げてしまいます。

親に反対されて揺らいでしまう人の特徴を5つ紹介します。あなたは、いくつ当てはまりますか?

  1. 親の言う事を聞いてきた人
  2. 素直な人
  3. 転職する事に自信がない人
  4. 自分の意見がない人
  5. 親の力をかりやうとしてる人

親の言う事を聞いてきた人

親の言われた通りに人生を送ってきた人は、親に反対された時に「親の言うことが正しい」と思ってしまい、諦めてしまったり、心が揺らいでしまいます。

親の言いなりになる事が悪い事とは限りませんが、自分の人生である事は忘れてはいけません。

周りに流させる人

マサ

周りの意見に流せれてしまいがちな人は要注意です。

そもそも「転職したい」理由も流されて決めたのかもしれませんし、自分の意思がないので、意見をコロコロ変えてしまいます。

転職活動で大切なのは、「前向きな意思」です。

マサ

ネガティブな考えや、曖昧なビジョンでは転職は成功しません。

転職する事に自信がない人

自分自身に自信がなく、「転職できるかわからない」と言った迷いが心にあると、親も反対を跳ね除けるパワーがありません。

自分に自信がない事は、親にも気づかれてしまうので、高い確率で反対されてしまいます。

自分で責任を負いたくない

親に反対されて、意見を変えてしまう人は、自分の決断に責任を負いたくない、「他責思考」の人が多いです。

親に反対されて現状がダメになれば親のせいにできますし、賛成されて転職に失敗しても親のせいにする事ができます。

自分で責任を取りたくなく、「損したくない」といった甘い考えを持っている人は要注意です。

親の力を借りようとしてる人

親の力を借りようとしている人は、親に対しいて強く自分の意見を言えないです。

例えば、「実家に住む」「親の会社に入れてもらう」など親の手を借りたいと考える人は、親に「ダメ」と言われたら諦めてしまう人がほとんどです。

どうしても転職したい人であれば、初めは損してでも「自分の力でなんとかする」と考えるはずです。

親の反対を説得する方法 5選

親の反対をどのように説得すれば良いのかを悩んでいるでしょうから、しっかりと説得する方法を紹介していきます。

  1. 熱意を伝える
  2. 行動で示す
  3. 無視して転職
  4. 何度も説得する
  5. 転職エージェントを使う

熱意を伝える

転職の話をする時に、転職に対する思いや熱意をしっかりと親に伝える事は非常に大切です。

大前提として、親はあなたの決意がどのくらいのモノなのかを会話の中で判断しています。

マサ

あなたを心配しているからこそ、反対している事を忘れてはいけません。

親の心配を解いてあげるには、あなたの熱意や思いを親にぶつけるしか方法は無いです。

行動で示す

言葉だけてば思いを伝える事が出来ないケースも中にあります。

マサ

そんな時は行動で示すしかありません。

転職サイトに登録をして積極的転職活動や転職したい企業で必要な資格の勉強をしたりなど、色々な行動手段があります。

努力したいる姿は、必ず見てもらえますし、結果が出れば安心して応援してくれます。

努力せずに納得をもらおうとする、甘い考えは捨てましょう。

無視する

あまりオススメする手段では無いですが、中にはあなたの人生を第一に考えてくれない親もいます。

世間体や見栄を第一優先に考えて物事を決めつけてくる親なのであれば、無視をする事が一番です。

あなた人が自分の行動を自分で責任が取れる状態なのであれば、無視をしても問題ないです。

マサ

しかし、転職成功は必須になります!

何度も説得する

反対をたった一回でひっくり返そうと考える事が愚かです。

マサ

何度も回数を重ねて、あなたの熱意を伝える事も重要です。

親からしてみれば、「たった一回の反対で諦めるくらいの転職ならしない方が良い」と思うはずです。

転職エージェントに相談して利用する

マサ

転職エージェントをフル活用する事も一つの手です。

親は、子供であるあなたの意見だから心配で反対をしてるのかもしれません。

しかし、第三者やプロが「転職に成功する」とアシストをしてくれる事で、納得してくれる事もあります。

転職エージェントに相談をして、しっかりとした裏付けを持って親を説得する方が楽かもしれません。

マサ

おすすめ転職エージェントです!!

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

【親に言わずに転職するのはアリ?】

結論はありです。

20代になり自分の責任は自分で取れる年齢になっているので、言わずに転職するのも一つの方法ではあります。

あなたが、本当にやりたい事があり、他の人の意見を聞かずに突っ走る事は自由です。

しかし、反対にデメリットも出てくるので注意が必要な事もあります。

マサ

「親に言わずに転職する」メリットとデメリットを紹介します。

メリット・デメリット

話さないメリット

  1. 無駄に心配をかけない
  2. 反対される事がない
  3. 転職先に親の意見が入らない

話さないデメリット

  1. 精神的に気まずい
  2. いざと言う時助けてもらえない
  3. 発覚した時に揉める可能性がある

僕個人的には、しっかりと話して、心置きなく転職活動に集中できた方が、成功率も高くなると感じます。

しかし、猛烈に反対されてしまいそうだと感じる人は、話さないで人生再スタートする事をありです。

本当に大切な事は何かを考えておくべき

マサ

あなたにとって大切な事は何かを明確に理解してから転職をしましょう。

人生で大切な事は、仕事やお金と考える人いますが、反対に家族と過ごす時間と思っている人もいるはずです。

親の反対を押し切って転職をするとなると、家族関係が崩れてしまう可能性もゼロではありません。

もしも、あなたが本当にやりたい事が転職先なのであれば、自信を持って前に進んでも問題ありませんし、その姿を見て両親も応援してくれるはずです。

しかし、反対にあなたが今の自分自身から逃げたいが為だけに転職をしてしまうと、後で大きな後悔を残る可能性もあります。

転職をする事は、人生において大きな決断です!確信を持た決断の上で転職しましょう!

転職を成功させる方法

転職を成功される為には、念入りな下調べと、適切な準備が必要になってきます。

自分の手でしっかりと企業を調べて、応募書類や面接対策をする事が出来るのであれば自己流で問題ありませんが、一人でするのが心細いひとは、転職エージェントを利用しましょう。

学生時代の就職であれば、学校の先生が協力してくれますが、社会人になると、情報収集は自分でしなければいけませんし、応募書類の添削をしてくれる人もいません。

マサ

しかし、“>転職エージェントはその全てのことを手伝ってくれます。

その為、一人で転職活動をするよりも転職成功確率は高くなります。

そして、転職エージェントを利用するのは、全額無料の所がほとんどなので使わない選択肢は無いです。

【転職エージェント】ダメ絶対!転職エージェントを選ぶ時の重要ポイントを伝授転職をするときは、非常に不安になります!右も左もわからない状態で、転職をしたいと思っていても、なかなか最後の一歩が踏み出せないことがほとんでです。しかし、僕自身は転職サイトに登録し、転職エージェントに相談をすることで、二週間で転職に成功することができました。今回は二週間で成功した方法を紹介いたします!...

【まとめ】自分の人生を生きよう!

要点まとめ
  • 親は子供を心配している
  • 転職に対する思いを伝えるべき
  • 世間体は関係ない
  • 世代ギャップには注意
  • 転職エージェントを利用すれば確実

転職についての悩みは、親や人間関係にまで関わってくる問題です。

マサ

あなたの人生とはいえ、親と良好な関係を保つのとあなたの人生ですよね!?

その為、転職に対する思いをしっかりと親に伝えてから転職をする事が1番安全です。

だからといって、親の言いなりになりあなたの夢を諦めるのは間違っています。

マサ

難しい問題ですが、状況を見計らって打ち明けてみる事が重要です。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!