WORK

【必見】仕事で悩みすぎて寝れない人!4つの解決方法を紹介

仕事の悩みで寝れない

明日仕事に行きたくない

明日が嫌で眠れない

どうしたら夜悩まない?

日本人は、他の国の人と比べると、睡眠時間が短いといわれています。

仕事の生産性が低いことと関係ありそうですが、労働時間以外にも原因はありそうです。

この記事では、仕事の悩みが多すぎて、辛くて眠れない、と思ったときの対処法をご紹介します。

お仕事の悩みの原因を知る

問題を知らないことには回答を出せません。

仕事に悩みをかかえているとき、それはなぜか、どうしてそのような状態になってしまっているのか、振り返ってみて、できるだけ冷静に分析してみることをおススメします。

例えば、業務量がどうやっても時間内に終わる規模ではなく、残業や休日出勤をしなければならないとします。この場合、「効率化ができないか」、「ムダな会議を減らせないか」、一度考えてみます。何か解決の糸口が見つかるかもしれません。

人間関係が悪くて、職場がいごこち悪いかもしれません。それであれば、「移動を希望してみる」、「合わない人とは仕事だけの付き合いと割り切ってみる」、という対策が取れる可能性があります。

眠れないけどいいやと思って開き直ってみる

原因はわかったけど、上司や同僚に恵まれなかったり、会社がブラック企業だったりすると、すぐに解決することは難しいかもしれません。

そのときは一度、「眠れないってことは体が疲れてないのだから、眠らなくていいや」と開き直ってみるのも一つの手です。

少し乱暴ですが、眠れないことに悩んでしまうと、お仕事の悩みに重なってしまい、自分にプレッシャーを与えてしまうことにもなります。

もちろん数日試してみて、効果が無ければ別の方法を取る必要はありますが、意外に眠れるようになるかもしれません。

寝室に工夫したり運動して体を疲れさせてみる

月並みですが、安眠に効果があるとされるアロマをたいてみたり、仕事帰りやお休みの日にスポーツジムに行って体を動かしてみたり、体と心をリフレッシュさせるのはいかがでしょうか。自分だけですぐに試せる方法です。

【どうせ仕事だからと開き直ってみる】

仕事はお金をもらうためだけにやるもの、ボクの、ワタシの人生には関係ない、と割り切ってしまうのも、悩みを解消する考え方です。

仕事より大切なものはいっぱいあり、そちらに視線を向けてみるのは、効果があるのではないかと思います。

軽い薬に頼ってみる

「睡眠導入剤」という言葉の響きから、あまりよいイメージを持たない人も多いのではないでしょうか。

ただ最近は、市販されている薬の中で、安らかな眠りにいざなってくれる軽めのものもあります。

当然飲みすぎはよくありませんが、サプリメントのような感覚で、たまには薬に頼ってもいいと思います。

目の前の睡眠をまずはしっかり取れるようにして、頭をすっきりさせてから、具体的な問題解決の方法を考えてみるのはいかがでしょうか。

産業医に相談してみる

企業によっては、産業医がいる場合があります。会社と契約しているお医者さんなので、ある程度その会社のお仕事についても知識を持っています。

少しハードルが高いかもしれませんが、眠れない悩みを相談してみる価値はありそうです。

もともと産業医は、会社の従業員の皆さんが、健康でイキイキと働ける状態を実現することがお仕事の一つです。

親身になって相談にのってくれますし、プロの目から見た解決策を示してくれることも期待できます。

専門医を受診してみる

「ココロが弱いのは甘えているからだ」という昔かたぎの根性論が、いまだにはびこっている世界では、「精神的な問題で病院に行くだなんて」と思ってしまうこともあります。

しかし、「ココロのカゼ」は、早めにお医者さんに治してもらうべきです。

産業医がいない場合は、心療内科など、ココロの治療を専門に行っている病院に足を向けてみましょう。

専門家としての意見が聞けますし、お話をするだけ、誰かに聞いてもらうだけでも、心が安らぐかもしれません。

仕事を変えてしまう

それをいったら元も子もない、といわれてしまいそうですが、いろいろと手をつくしても、「仕事の悩みがつきないし眠れない」ようであれば、仕事自体を変えてしまいましょう。

体に大きなダメージが生じるよりは、よっぽどましです。

最近は転職についての抵抗感もなくなってきました。眠れないぐらい悩みがあるなら、悩みがない場所に行けばいい、という、環境を大きく変える考え方も、時には採用してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

この記事では、仕事に悩みをかかえていて、辛さのあまり眠れない、と思ったときの、対処法をご紹介しました。

「書いてあることはわかるけど、そんなに簡単にはいかないよ」、という声が聞こえてきそうです。それでも眠れないのは辛いですし、人生で損をしている気もします。

一歩だけでも、解決に向け、足を踏み出してみていただければと思います。皆さんにとって、本内容が少しでもお役に立てば幸いです。

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!