未分類

【転職】緊張しない方法!面接でうまくいく為の秘策【徹底紹介】

面接での悩み

・緊張して話せない

・面接で緊張しない方法ってあるの?

・緊張して失敗しない方法は?

マサ

面接は緊張してしまうから苦手だと思う人は、沢山いると思います。

面接の風景など、模範となる面接をYouTubeなどで検索してビビってしまっている人も多いのではないでしょうか?

模範となる面接は結構難しい質問をされていたり、意地悪な質問をしていたりと難易度の高い面接が多い様に僕自身感じます。

マサ

実際の転職面接はそんなにガチガチな面接ではない事が多いです。

この記事では、面接を恐れている人でも緊張を和らげて、本来の実力を発揮できる様に僕が経験した面接で得た知識や方法を解説します。

この記事を読めば、「面接で緊張してしまう原因や、緊張しても実力を発揮する方法」が全てわかります!!

既に面接対策をされているへ「もっと質のいいものにしたい」「上手くいかない」と考えている場合は以下の記事をお勧めします!

この記事でわかる事!

・面接に緊張してしまう人の特徴

・転職で緊張しない為には

・面接で緊張しない心構え

面接で緊張してしまう人の特徴

人前で話すのが苦手

人前で話すのが苦手は人のほとんどは、面接で緊張してしまう人が多いと思います。

人見知りな人や内気な性格の人は、あまり自分を表に出したりするのが苦手な人が多いので面接を苦手意識している人が多い様です。

失敗を恐れすぎてしまう

マサ

失敗を恐れすぎるあまり完璧主義になってしまう傾向があります。

完璧に質問に答えないと落ちてしまうと思い込んでしまい、失敗しない様にと考えすぎて緊張してしまう人が多いです。

完璧主義な人程、面接が苦手な傾向にあると思います。

面接経験が少ない

面接もそうですが、何事も慣れる事が大切です。

マサ

面接じゃなくても、初めて会う人と話す時は誰でも緊張しますよね!?

同じ様に面接も初めての人は緊張してしまいます。

面接になれる事で、自分自身の本当に話したかった事がその場でも言える様になるので、面接経験が少ない人は緊張しやすい経験にありますし、想像できない事をするのでより一層緊張します。

面接で緊張しない人特徴

失敗しても良いと考えている

失敗を恐れてしまう人は、恐れていな人よりも緊張しています。

面接で噛まない様に丸暗記をしたり、話が途切れない様にと考えすぎてしまったりします。

マサ

面接で緊張していない人は、そもそも失敗を恐れていません。

噛んでしまったり、間違えてしまう事は当たり前で噛んでしまったとしても悪い印象になる事は少ないです。

失敗を恐れて態度が消極的になってしまうよりは、失敗を恐れずに堂々として積極的な態度で面接に挑む方が採用担当の人からの評価も良いでしょう!

丸暗記をしていない

面接で失敗してしまう人が多くしてしまっている事が《丸暗記をする》事です。

面接前に想定し質問がその通りに聞かれるとは限りませんし確率としては非常に低いです。

面接が得意な人は、履歴書や職務経歴書に書いた事を丸暗記はしていません。

話したい内容や伝えたい内容を要点だけ押さえておき聞かれた時に……

その要点をどのように伝えるかを考えて面接練習をしています。

緊張慣れしている

緊張にも慣れがあります。

普段から人前に立って話す事が多い人や、多くの面接を経験している人などは、緊張する事に慣れている為、自分自身をコントールしたり、自分なりに緊張を解す術を持っている事が多くあります。

よく言うのが面接になれる為に,第一志望以下の所で面接の練習をしてから第一志望を受けな際と言われるのがこの事が理由だといえます。

マサ

慣れてしまえば、面接は人とのお話の様に感じますので、試してみるのも良いと思います!

面接で緊張しない為に必要な心構え

履歴書の内容を丸暗記しない事

先程からお伝えしている様に、履歴書に書いた内容を丸暗記して面接に臨むのはNGです。

この記事を読んでくださってる方の中には、面接対策で丸暗記をして臨もうとしている人がいるかも知れませんが、丸暗記してきた事は、採用担当の人にバレてしまう事が多いです。

《丸暗記をする人の採用担当者からの見え方》

  • 対応能力が無い
  • 熱意や情熱が伝わらない
  • マニュアル通りにしか仕事ができない
  • コミュニケーション能力が低いr

面接は質問の中で、貴方の対応能力や頭の切り替えの速さ、コミュニケーション能力など様々な要素を確認される場所です。

丸暗記をしてしまうと全く予定していなかった質問をされた時に頭が真っ白になってしまって対応できなくなります。

普通の質問なのに対応できないという事は、「丸暗記してるな」「コミュニケーション能力が無いな」などとマイナスのイメージが付いてしまいます。

丸暗記した人はそんなつもりで暗記した訳では無いのかも知れませんが、採用担当の人からはこの様に評価されてしまう事を認識しましょう。

マサ

覚えるなと言われたら何を答えればいいのかわからなくなる人が居ると思いますので、対策を教えます!!

《面接で暗記を使ってうまく話す方法》

面接では、履歴書を元に質問をされる事が多いので、少なからず履歴書の内容と話す内容に辻褄が合ってなくてはなりません。

マサ

そこで、回答を丸暗記するのではなく、要点やキーワードだけを覚えておく方法を使います。

PREP法

簡潔に伝える話し方

PREP法と言われる文章構成の話し方で、簡潔でわかりやすく説得力のある文章構成ができ、論文やブログなどでも用いられる構成の事です。

マサ

初めに結論から話す事で、今から話す内容を聞いてる人がわかりやすくなります。

結論を言わずにダラダラと長い話をしてしまい、最終的に自分が何を言いたいのかがわからなくなっている人がいますが、そんな人はこの方法を使う事で自分が話すべき事を明確に伝える事ができます。

《例えば》

マサ

学生時代にやっていたスポーツは?の質問で覚えておくべき内容は!

結論→野球

理由→小学3年生から高校3年までやっていた

理由→小学3年生から高校3年までやっていた

具体例[エピソード]→高校3年生の時には、レギュラーとして県大会ベスト4に入る事ができた

結論→野球経験で培った協調性を御社でもフル活用していきたい!

キーワードだけを覚えておき、キーワードとの間をその場で繋げる様にするだけで、その場で臨機応変に対応した様に、自然に回答ができる様になります。

[丸暗記した方が良い情報]

丸暗記すると良い事はほとんどありませんが、応募している企業についてはしっかりと暗記して頭に入れておく事が必須です!

失敗したら落ちると思わない

面接をして、完璧に話す事ができなかったら落ちてしまうと思い込んでいる人が沢山います。

完璧に話せなくても内定がもらえます!

完璧に話す事に越した事はありませんが、本来の面接での目的は、その企業から内定をもらう事で、面接で素晴らしいパフォーマンスを見せることではありません。

大切なマインド

恐れない

失敗してもいいから思いを伝える!。

アイコン名を入力

噛んでしまったり、詰まってしまう事はマイナス評価ではありません。

全力で自分の思いや、自分の事を理解してもらおうと情熱を持って伝える事が大切です

僕のマインド

失敗しても良い

面接では全力を尽くす!それでもダメなら見る目が無い

マサ

偉そうかも知れませんが、この様に上から目線な気持ちで面接直前は挑んでいます。

面接で素晴らしいパフォーマンスを発揮したり、自分なりに納得いく様なアピールが出来ていたとしても、内定がもらえない事があります。

マサ

それは何かしら縁が無かっただけで自分を責めることでは無いです。

考え方を変えて、少し力を抜く事で、最高の結果につながる事はよくあります!

選択肢を増やしておく

人は、選択肢が少ないと焦ってしまい、失敗したらダメだと思ってしまいます。

選択肢が沢山ある事でダメだったとしても大丈夫だと思えるので気が楽になります

内定を他の会社からも貰っている状態であれば、全く無いよりは気楽に面接に挑めるでしょう。

面接に緊張してしまい、不安がある人は、沢山の企業の面接を受けてみて沢山の選択肢を持っておく事も凄く良い事です!

面接中に緊張を和らげる方法

採用担当の人に緊張している事を伝える

緊張する事は、面接ではマイナス評価になる事はありません。

マサ

面接に緊張しない人はいませんし、緊張してない方が逆に真剣じゃないと捉えられてしまいます。

面接が始まる挨拶で、緊張している事を伝える事で、少しだけ緊張が和らぎます。

採用担当の人も緊張している前提でゆっくりと進めてくれるので初めに伝えるのもありです。

始まりはたわいも無い会話から入る事が多い

マサ

和らげる方法ではありませんが、前提知識として覚えておいて下さい。

よく質問される順番を想定してしまい、その質問通りに質問されなかった時に焦ってしまい、頭が真っ白になってしまう事があります。

そういった人は、初めはたわいも無い話をされる事もあると覚えておきましょう。

採用担当の人は、貴方の緊張を和らげる為に、天気の話や、趣味の話、交通経路の話などを初めにしてきます。

その時に、ちゃんとした事を答えなければと焦らずに自分の思った事や、感じたことなどを素直に話す様にしましょう。

面接官も緊張している

面接の時に自分だけが緊張していると思うと、孤独感を感じてしまい、余計に緊張してしまいますが、採用担当の人も緊張しています。

お互いに初対面なので緊張しない方がおかしいです。

お互いに緊張していてらので、緊張を共有して双方が緊張を和らげ合う様なスタンスで面接に臨むと印象もいいですし、プラスの要素が多くなると思います!

【まとめ】緊張ぜずに面接を成功させよう!

要点まとめ

・面接で完璧を求めすぎない

・丸暗記をせずにPREP法を使う

・失敗しても良いと思って臨む

マサ

完璧主義な人ほど面接で緊張しがちです。

緊張するという事は真面目な証拠なので、決して悪い事では無いですが、面接で本来の実力を発揮できないのは非常に勿体ないですよね!?

面接でいい印象を持たれないのであれば逆に失敗しても良いと思って面接に挑む方が本来の実力を相手に伝えやすくなる場合もあります。

今後社会を続ければ、緊張する場面は出てくるので、面接で緊張を和らげる方法を発見しておくのも今後に生きてくると思います!

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!