WORK

【引き止め対策】転職したいけど引き止められて出来ない人!《必見》

退職の際の悩み
  • 転職したいけど引き止められてできない
  • 引き止められない方法ある?
  • 円満に退社する方法あるの?

転職を考えている時に、早い段階で悩むポイントは、《引き止め》だと思います。

大抵の人は、真面目働いてる人がほとんどだと思いますので、会社にとっても必要な人材です。

最近では若い人が減っている企業が多いのでなるべく若い人に辞められたくないと思っているかと思います。

マサ

引き止められるとせっかく勇気を持って転職に一歩踏み出したのにまた悩み出す事もありますよね!?

この記事でわかる事
  • 会社があなたを引き止める理由
  • 引き止めらるパターン
  • 引き止めを断る方法
  • 転職を伝えるタイミング

退職希望者を会社が引き止める理由

せっかく育てた人材を逃したく無い

会社は人材を育てるのに相当のコストと時間を掛けています。

何年もかけて育てた即戦力である社員に辞められてしまうと大損をしてしまう事になりかねません。

会社としては、この先も長期間働いてもらって、その会社に利益を生み出して欲しいと考えてています。

マサ

貴方がその会社の優秀社員であるのであれば、尚更引き取れられるでしょう。

転職で起きる勘違い

良くあるのは、自分自身では優秀だと評価されたいないと思っていたけれど、実は優秀な社員だと評価されていたパターンです!

体験談

退職

僕自身も前職で勤めていた際は、同部署に同期がいなかったのもあり、自分自身が本当に 正しく成長出来ているのかを判断する事ができず、自己評価だけで自分を判断していました。 当時は、先輩と比べてしまい自分は全く仕事が出来ないと落ち込んでしまったり、悩んでしまったりしていました。しかし、ある日仕事を辞める事を伝えると、「仕事を覚えるのが早いし、優秀な方だよ」だから辞めないで止まって欲しいと伝えられて、自分が思ってたより評価されていた事に気付きました。

人手不足になるから

新規採用するのにも時間やコストがかかります。

会社としてもリスクになってきますし、人手不足の会社も数多く存在しています。

マサ

人手不足を理由に退職をさせてくれない会社もあるようです。

大企業になるとなかなか人手不足といった理由で退職をさせてくれないというケースは少ないかと思いますが、中小企業になると人手不足の会社も多いです。

罪悪感

辞める事を伝える段階から、人手不足を問題視されていると…….。

「この会社は人手不足だから」と考えてしまって、報告しずらくなってしまいます。

転職をするタイミングを決めていない人は、結局先延ばしになってやめられない人がいるのでしっかりと転職のスケジュールが立ってから会社に伝えるようにしましょう。

離職率を上げたく無い

会社としては、離職率を上げたくないという思いがあります。

離職率が高い会社になってしまうと、新規採用をするのが難しくなりますし、人手不足になってしまう可能性も高まってしまいます。

マサ

企業としては痛手になってしまいますね!

若手社員の重要性

若手社員が辞めてしまうと、会社自体が古びてしまうので、長期的にもデメリットが大きい!

良くある引き止めパターン

待遇の改善、提案

待遇の改善や面談を勧められる事が多いです。

何か会社に対しての不満があるからと言った理由で辞める場合は、必ずと言っていいほど、待遇の改善をするからと言った理由で引き止められるでしょう。

精神的な問題なのであれば、上司との面談など相談をすると言った時間を設けて話し合う提案をしてくる事があります。

体験談

引き止め

僕は、退職をしたいと伝えた時、お世話になった先輩と直属の上司との面談を勧められるました 僕自身は絶対に辞めるという意思があったので、面談をしても断固として辞めるという意思を 曲げる事はありませんでした。

マサ

気の弱い人や人が良い人なんかは、説得されてしまい、ズルズルと辞められないこともあると感じます。

人手が足りない

「人手不足だから辞められたら困る」と言って引き止められる事は多いと思います。

マサ

人手不足なのは、辞める側の問題では無いです

人手不足のせいで残業時間が多くなり辞める原因になっているのかも知れませんよね!?

正社員として働いて無くてもこの引き止められ方は多いのでは無いでしょうか!?

罪悪感を持たせてくる

気の弱い人に対してや、責任感の強い人に対してこう言った強引な説得をしてくる人もいます。

「他の人に迷惑がかかる」と言った様に辞める事が悪い事の様に言って来られると、自分は悪いことをしているのでは無いかと思ってしまいます。

転職する時は、ただでさえ不安な状態が続いているのに、このように圧力的な事を言われてしまうとせっかくの勇気が台無しになってしまいますよね!?

引き止めを断る方法

マサ

仕事を辞めるのにも伝えるのはほとんど1ヶ月前になります。

引き止められたのに強引に断って気まずくなってから1ヶ月仕事を続けるのは辛いです!

マサ

そこで、引き止められた際の断り方のポイントを紹介します。

しっかりと自分の意思が固まっている事を伝える

自分自身がしっかりとした意思がある事を上司に伝える事で、上司もその熱意を理解してくれます。

相手も人間ですので、相当な悪人でなければ貴方の意向を理解してくれますし、応援してくれます。

これまで一緒に働いてきた部下に対して愛着が湧いているからこそ、引き止めてきているのかもしれません。

マサ

貴方を心配して引き止めているのかもしれません。

中途半端はNG

曖昧な答えでと上司も素直に応援してくれません!辞める時は強い意志を伝えよう!

転職をする事をポジティブに捉える

引き止められた時にネガティヴな理由で辞める事を伝えると、失礼に当たる可能性がある!

伝えた後の1ヶ月間は気まずい思いをしてしまったり、悪いケースだと無視などのいじめの様な待遇を受けてしまったりする事もあり得ます

ポジティブポイント

ポジティブな理由で断る事で、自分自身のスキルアップのために辞めるだけで、上司も素直に応援してくれる可能性が高まる!

しっかりと感謝を伝える

会社が大きなコストを払って貴方を育ててくれた事には、変わりないですし、上司や先輩も貴方を育てるのに少なからず協力してくれたに違いありません。

マサ

少なからずその会社に入って得るものは何かしらあると思います。

今まで、お世話になった事をしっかり伝えてる為に、断る際には、しっかり感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。

マサ

感謝を伝える事で、円満退社ができる事でしょう!

退職を伝える時のポイント

転職理由によっては、引き止められる確率を高めてしまうものもあります。

example《例え》
「人間関係によるトラブル」「残業が多いから」と言った様な会社が改善できる理由は、引き止められる確率を高くしてしまいます。
マサ

自分自身の理由で、会社には改善の余地が無い理由であれば、引き止められる確率も低くなりますよね!?

チェックポイント

会社には実現出来ないような、改善不可能な理由がベスト

【まとめ】円満退社して次のステップに進もう!

要点まとめ

・引き止められる事は悪い事では無い

・転職の意思を揺るぎない自信がある時に会社に伝える

・ポジティブな理由である事を伝える

マサ

会社を辞める時に引き止められる事は、良くある事です

引き止められると何と言って断れば良いのか待ってしまう気持ちもわかります。

貴方自信が強い意思をまず持つ事がとても重要だと思っています

揺るぎない意思を持つ事で、引き止めてきた相手や、その先の転職先にもその誠意は伝わります。

しっかりとした理由、そして意思を持って転職に臨みましょう!!

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!
SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!