WORK

【第二新卒】若い内に転職する事で沢山のメリットを得る事が出来る《再チャレンジ》

第二新卒の悩み

・第二新卒って何歳まで?

・早期退社しても転職に問題ないの?

・すぐやめる人だと思われてない?

マサ

僕は第二新卒で転職をしました。

一般的には、学校を卒業して新卒で企業に入社後、3年以内に転職活動を行う人を言うそうです。

・高校卒業者:21歳程度

・四年制大学卒業者:25歳程度

・大学院卒業者:27歳程度

第二新卒の定義は企業によって様々なので応募する際に確認した方がいいです。

最近の転職求人には「第二新卒歓迎」の文字が多く見受けられます。 

今回は第二新卒の転職について記事にしたいと思います。

第二新卒の需要の高まり

マサ

企業の若手社員不足が背景にあるそうです。

近年では、学生の人数が減り新卒社員数が求人数に足していない企業が増えている為、第二新卒の需要が高まっているのでしょう。

若手社員が必要とされているの!?

会社としても若い社員が増える事で社内が活気ずくので、より多くの若手社員を求めているようですね。

企業が第二新卒を欲しがる理由

❶未経験と即戦力の間に位置しているから

第二新卒の人は、一度別の企業に入社し、ビジネスマナーや基礎知識を学んでいる為、新卒社員より即戦力になりやすいからです。

その為、教育コストを少なくする事ができる上に、まだフレッシュな為企業としては一番メリットが高い人材であると言う事です。

❷他企業のカラーに染まっておらず、柔軟だから

ある程度社会経験が豊富な方を採用すると、デメリットとして、前職のカラーに染まってしまい、なかなか自社に馴染めないと言う事が大いにあります。

その点、第二新卒の人は、社会のマナーが身についているに加えて、新しい社内ルールを吸収しやすい為、採用したいと考える企業が増えています。

第二新卒が求められいる事

❶仕事に対する成長意欲

マサ

未経験の仕事をするときに大切なのは、自己成長意欲です。

新しい事を吸収して、早期に即戦力となって欲しいという企業の願いがあります。

❷基本的なビジネスマナー

第二新卒は、社会経験をしているので、新卒よりも「即戦力」に近い期待をされています。

実績などは期待されていませんが、基本的なマナーを守るなど、ビジネススキルに期待をされています。

❸コミュニケーション能力

社会人としてのコミュニケーション能力が有ると判断され期待される事が多いです。

相手の立場に立って冷静に会話をしたりなどの、社会人としてのマナーを守ったコミュニケーションの事です。

面接の際もそう言った点で評価される事もありますし、面接官はこの人と一緒に働きたいかについても判断しますので、その点も踏まえて理解しておきましょう。

第二新卒の転職のメリット

❶もう一度企業を選ぶチャンス

マサ

第二新卒は、新卒の時に失敗した人が多くいると思われます。

学生時代は周りに流されて決めてしまった。

社会経験も無い中で決めた企業に馴染めなかった人や向いていない仕事についてしまった人など様々だと思います。

マサ

社会経験を活かして自分に合った仕事を選ぶ事ができるのが第二新卒の人の最大のメリット

社会に出て自分自身何が苦手で何が得意なのかを仕事を通して体感で知る事が出来ていると思います。

学生時代よりも選択肢の幅も知識も増えている中で、やり直す事ができるのはとてもラッキーだと思います。

❷自分のやりたい事を仕事にできる

マサ

自分が今まで本当はやりたかった事を仕事にするチャンスです。

人は経験がないとやりたい事を見つけるのが大変ですが、ある程度の経験や知識を持つと途端にやりたい事が増えたりするものですよね。

学生時代はやりたい事が無いから適当な理由で就職をしてしまったけども社会経験を積み本当に自分がやりたい仕事がわかる事で、その業界に再チャレンジできます!

❸新卒の時にダメだった企業に再チャレンジする事ができる

マサ

前職で学んだ事や成長した事を活かし、もう一度チャレンジする事が出来ます。

前回失敗した事を反省し、対策をしっかりする事で内定を貰える可能性も高まってくるでしょう!

転職の際に気をつけるべき事

❶ネガティヴな理由で転職する

転職にネガティブな理由しか思いつかない

マサ

転職理由には少なからずネガティヴな理由は必ずあると思います。

面接の際などにそのネガティヴな要素を出すととても印象が悪いですし、もしかすると同じような事が当社でもあるかもしれません。

志望してる会社の悪口を言っているようにも捉えかねませんのであくまでもポジティブな理由を探しておきましょう!!

❷焦ってしまい企業選びに失敗

転職に焦ってしまい自分が思ってもみなかった企業を選んでしまうケースもあります。

早く転職しないと言えないと思うと、自分の気持ちに妥協してしまい、前回失敗したのにもう一度失敗してしまう事もあり得ます!

転職をする際は冷静に自己分析をしたうえで、本当に自分が勤めたいと思う企業に応募するようにしましょう。

❸第二新卒歓迎の企業に騙される

二新卒歓迎と大々的に掲げている企業には少し注意する必要があります。

第二新卒歓迎をそこまで欲しがるという事は、若手社員が著しく不足してる可能性がありその理由としては、若手が育たない環境に企業がなっている可能性もあります。

入社してみてから、思っていた環境と全く違ってまた転職を繰り返す事になりかねませんので十分に注意をしましょう!!

転職を成功させるには

❶転職活動の計画を立てる

マサ

転職活動は計画性が大切です。

マサ

しっかりとゴールを定めておく事が重要です。

転職活動はキリがない沼にハマってしまう事が多いにあります。

転職サイトを見ていると自分の欲望がドンドン高まりなかなか企業を決められずにズルズルと時間だけが過ぎてしまう事があります。

その為、しっかりと目的や条件を決めて企業を選択しましょう!

❷ポジティブ思考で考える

物事を考える時にネガティヴに考えるとネガティヴな結末になります。

ポジティブに考える事でより良い結果が出ます。

面接の際もポジティブに転職を考えている人と反対にネガティヴに転職を考えている人では質問された時の回答が違ってきます。

前向きに転職を考えてイキイキしている人の方が面接官も一緒に働きたいと思ってくれるはずです。

第二新卒の良いところはフラッシュな所も含まれていますので、イキイキとして成長意欲をアピールしていきましょう!

❸面接対策をしておく 

アイコン名を入力

面接対策をする事は非常に大切です。

僕が思うに、面接対策をしていく上で、自分自身で面接を難しくしている人が多くいます。

間違えた対策は時間の無駄でしかありません。

まとめ

要点まとめ

・若手不足による第二新卒の需要の高まり

・第二新卒は新卒と即戦力の間の位置

・第二新卒はポジティブであるべき

・面接対策を怠ってはいけない!

現在は第二新卒を歓迎している企業が多くあります。

マサ

もしも転職を考えているのであれば今がチャンスかもしれません!

あなたが本当になりたかった自分になれるチャンスが来ています。

挑戦する事を恐れずトライしてみるのもいいでしょう。

迷っている方はまずは無料で転職サイトに登録をしておく事をオススメします。

挑戦する事が怖い人はこちらの記事を読んでいただくと挑戦意欲が湧きます!

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!