WORK

20代転職で好印象を持たれるための自己PR【信憑性の向上】

20代転職の悩み

・良い自己PRが思いつかない

・どんな内容を話せば自己PRになるの?

・自分には取り柄がない

マサ

転職活動中にまず自己PRでつまずく人が多いのではないでしょうか?

日常生活で自己PRが何かを考えて生活している人がほとんですので、いざとなると思い浮かばないことや、人並み外れた取り柄がないと感じてしまう人は多いです。

自己PRはけして人より秀でていなければいけないという事ではないので、安心して下さい。

マサ

僕自身は、転職を思いつきで初めて、2週間で転職に成功した経験があります。

この経験から、皆さんには有益な情報やノウハウをお伝えして、転職活動に自信がないだけで諦めている人の役に立てれいいなと思い発信をしています!

マサ

己PRを早めに完成させて次のステップに進みましょう!

この記事でわかる事!

・自己PRを聞かれる意図

・7アプローチで考える

・PREP法で伝える

・箇条書きで書く

・添削をしてもらうメリット

自己PRとは

自分の強みや能力を採用担当者にアピールする為の質問です。

マサ

面接では必ずと言っていい程質問されます。

自分自身の最大限の能力をアピールする事が非常に大切です。

日本人は自分の事をネガティヴに捉えていたり、謙遜していたりする人が多いので、なかなか思いつかない人が多いです。

自己分析を日常的に行なっている人や、若干ナルシスト的な人は意外と簡単な質問かもしれませんね!

だからといって自慢と自己PRは全く違いますし、履歴書への書き方や面接での伝えたかも工夫をする事で、何倍にも魅力的に貴方を見せてくれます。

企業は何故自己PRを聞くのか

マサ

採用担当者は何故自己PRを聞くのか!?を考えた事はありますか?

ほとんどの人は、調べた時に自己PRを聞かれる確率が高いから用意していくといった感覚てすが、自己PRを聞かれる本質を理解しておけば、もっと有利に自己PRを考えて話せるでしょう!

なお、転職活動では複数の企業に応募し、面接をするのがほとんどですが、何とも書き直したりするのは、とても面倒ですよね!?

一つでも完璧な自己PRを用意しておけば、後は使い回せばいいだけなので楽ですよね!?

マサ

本記事のノウハウを活かして完璧な自己PRを完成させて、転職活動を楽にしましょう!

❶自己分析ができているか

自分自身を理解しているのかを企業は知りたいです。何故なら自分を管理する事も大事なスキルだからです。

マサ

仕事をする中で、様々な人と関わる事が多くなります。

そんな中で、自分にはどんな仕事が向いていて、自分が成長する為には今何が足りないのかを把握しておく必要があります。

社会で人と関わりを持つ事は少なからず配慮や気を使わなければいけない場面が多くあります。

人に気を使ったり、配慮したりする為には、他人に少しでも興味、関心を持つ必要があります。

自分を把握していない人には、他人の把握はできないので、企業としては、最低限の自己分析が出来ている人を採用したいと思います。

❷企業に合っているか

マサ

人には必ず向き不向きはあります。

集中してデスクワークがついている人もいれば、体育会系でバリバリ営業をしたい人もいます。

様々な仕事が存在する中で、自分の好きな事や興味のある事、得意な事を仕事にしたほうが成果が出しやすいと言えます。

企業としても少なからず業種に合った性格や能力の人を採用した方が、売り上げも上がりますし、成果も出るので、自己PRを聞いて、自社に合っているかを見極めている側面があります。

[面接はご縁]と言われることがありますが、それは、貴方のスキルがもしかするとその企業と合っていなかっただけの時もあります。

マサ

自分にスキルがないとネガティヴになる必要はないです!

❸エピソードを聞いて人柄を知る為

面接では、人柄で有利に立つ事もできます。

採用担当者は、貴方の人柄を見て、会社にいて一緒に働きたいと思えるかどうも評価しています。

[顔が良いと有利]と言った事を聞きますが、これも本当の話です。

マサ

面接を受ける時に必ず逆の立場になって考えて下さい。

《貴方が採用担当者です》

・優しそうor怖そう

・明るいor暗い

・愛嬌があるor態度が悪い

・イケメンorブサイク

・美人orブサイク

・スタイルがいいor太っている

マサ

極端な例ではありますが、全ての答えが前者ではないでしょうか!?

ここで、捻くれている人は、後者を選んだり、可哀想と偽善な人も後者を選びます。

企業は利益を追求する組織です、顔やスタイルが良ければ売り上げもいいでしょうし、社内雰囲気も明るい人や愛嬌のある人がいた方が良いのは誰でも想像がつくはずです。

主観的な選抜ではありますが、採用担当者に印象が悪いと判断されてしまったら、内定をもらう事は非常に厳しくなります。

面接では、貴方がこれまでどんな風に生活し、その中で何を身につけ、何を改善しようと思っているのかを答える事で、貴方のひととなりを採用担当者は見定めています。

まずは、どんな風な身なり、どんな風な態度、そしてどんなエピソードを話せば印象が良いと思ってもらえるかを考えてみる事から始めましょう。

自己PRを考える時

自己PRは面接など特別な事がないと考える機会が無いので、なかなか思いつかない人が多いのではないでしょうか?

自己分析をするのは、かなり面倒ではありますし、ネガティヴな事も考えがちなので、好んで自己分析をする人はいません。

マサ

自己PRがなかなか思いつかない人は、紹介する7アプローチから探してみて下さい!

転職理由オススメ記事

ポジティブな転職理由の書き方について記事にしました。

【面接対策】ポジティブな転職理由を考えるを考える時のコツを解説《大公開》転職をする際に、どうしても聴かれたくないのが、転職理由だと思います。大抵の人は、あまり良い理由で転職していない事が多いので、答えづらい質問ですよね。今回は、転職理由を見つける方法を紹介いたします!! ...

[/box05

❶普段褒められる事や性格を書き出す

普段の生活の中で、家族や友達などに褒められる事にヒントが隠されているときがあります。

第三者からの意見ほど信頼性の高い意見はないので、その意見を取り入れるのが良いでしょう。

面接の際にも第三者からよく言われると言ったエピソードも交える事が出来るので、信頼性の高い自己PRだと思われやすくなります。

もしも普段の生活で褒められる事が少ない場合は、改って自分の良いところを確認してみましょう!

マサ

エピソードが無い場合は、どんな時にそう思ったのかを説明してもらいましょう。

❷努力した経験を思いだす

学生時代でも社会人生活の中でも少なからず努力した経験はあると思います。

人は努力の中で大きく成長しますし、そのエピソードは誰でも話せるエピソードでは無いので、非常に有益な自己PRだと言えます。

学生時代に部活をやっていたのであればその努力によってどんな事が、身に付いたのかを話すことで、好印象にもなりますし、努力をするということは、継続力もあると思ってもらえるので、長く勤めて頑張ってくれそうと思われます。

❸成功したと思う体験を書き出す

成功体験や実績がある人は非常に強いです。世の中に全く成長体験の無い人もいます。

マサ

その中で、成功体験があることは、非常にレアです。

成功経験の中で、自分が仕事で活かせると感じるスキルを自己PRとして企業にアピールする事で大きく内定に近づきます。

❹失敗したと思う体験を書き出す

マサ

失敗体験から学べることも非常に多いです。

失敗する事は、言い換えれば、挑戦したという事ですので、この世の中で挑戦する事ができるのは非常に素晴らしいスキルです。

もしも挑戦する事が得意などあればそれをそのまま自己PRにする事も可能ですので考えてみてください!

❺得意な事は何かを書き出す

マサ

得意な事がある人は、全きにそれを書くべきです。

記憶力があるだとか、計画性があるなど都会でいつも困った時に役立つスキルを自己PRにすると良いでしょう!

企業によっては、貴方の得意な分野と合わない会社がありますので、それはご縁がなかったと思いポジティブに捉えましょう!

❻企業が求めてる人材を想像する

自己PRを聞くのは、社風や求めてる人材かを見定める為に聞いている背景があります。

自分が入社したいと思う企業がどんな人材を求めているのかを考える事で、有利に自己PRを考える事ができます。

まずはその企業がどんな職種で、その職種にはどんな人が向いているのかをリサーチして考えると簡単に思いきます!

❼前職で身につけたスキルを書き出す

マサ

社会経験の中で、身につけたスキルは、社会で役立つスキルが非常に多いです。

例文

前職では営業をしていましたが、入社したての頃は、人見知りが酷く人とコミュニケーションを取る事が大の苦手でしたが、仕事を続ける中で、話を聞く事も大事なコミュニケーションで、話しかける事だけがコミュニケーション能力が高い事では無いと気がつき、そこから聞く事にフォーカスしてコミュニケーション向上に努めました。すると次第も聞く事に集中すると質問が浮かぶようになりその質問を聞く事で会話が上手く回るようになる経験をしました。この事から私は聞き上手でありコミュニケーションが高いです。

マサ

このように経験をもとにスキルを話す事で信憑性がグッと増します!

【履歴書に書く時のポイント】

❶文字を書きすぎない

履歴書や職務経歴書に長々と文書を書く人がいますがハッキリ言って読みたく無いです。

逆の立場になってみて下さい、相手は多くの履歴書を読んだりしなければならない人や、普段の業務の手を止めて読まなければいけない人です。

長々と文書を書いて何行にもわたり文字を書くのは読み疲れてしまいます。

熱意を伝えたいとか短すぎるとやる気が無いと思われてしまうと思っているかもしれませんが、自己PRの欄にいっぱい書く必要は無いです。

こんな人達によくあるパターンは、履歴書に書いた文字をそのまま読んでしまうパターンです。全く同じ事を言われても相手はその情報は知ったいますし、2度も聞きたくありません。

ポイントとしては、まず伝えたい事を書いて補足に少しだけエピソードを入れるくらいで十分です。

マサ

面接の時に書けなかった長い文や熱意を伝えるくらいが好印象になりやすいです。

❷読んで気になる書き方をする

履歴書を読んでいて、自己PRに他の人とは違った視点からアピールする人がいたらどうでしょう!?

この人の話聞いてみたいな!?どんな人なんだろ?こんな風に思うはずです。

マサ

書類選考に通る為には、貴方の事を気になってもらう必要があるます

ありきたりで、常識を考えるあまり誰でも書けそうな事を書いていても誰も会ってはくれせん。

マサ

企業は優秀な社員を欲しいと思っています。

優秀という事はレアという事、誰でも言える事、書ける事をしているうちはレアでは無いです。

気になって貰える文書の書き方を次で説明します!

自己PR例文

・人間観察能力

私は人間観察能力が得意です。前職では自動車の販売営業をしていましたので、その人にあった車種や価格の車を提案しなければいけなかったので人を観察してこの人には今どんな車が必要なのかを察してあげる能力にたけています。

・計画的に仕事ができる

社会になり計画的に業務を遂行する事を学びました。前職に勤めて間もない頃は、計画を立てて仕事する事の理解ができていませんでしたが、上司や先輩の人、そして時にはお客様から計画性は大事だと教えて頂き、即実践したところ自分で思ってもみなかった程スムーズに仕事ができるようになりした。依頼計画的に仕事をする様になりました。

このように、あるエピソードをきっかけにスキルを得ることができましたと伝える事で、信憑性がまし、なおかつ細かく書かない事でもっと詳しく聞いてみたいと思わせる事ができます。

履歴書《自己PR》無料添削は転職サイト

マサ

転職サイトに無料登録すれば不安を解消する事ができます。

自分で考えた履歴書が正しく書かれているのかをプロに添削してもらう事で、クオリティーをさらに上げることできますし、その後の面接の相談や更に企業の未公開情報なども聞くことができます。

もし貴方が転職サイトに登録していないのであれば周りより不利になります

無料登録をして転職エージェントに話を聞くだけで、一歩先にリードする事ができます。

損しない為にも必ず登録をしましょう。

マサ

転職成功人生が大きく近づきます!

【まとめ】自己PRは自分をアピールする大事な時間

要点まと

・自己PRは自分のスキルをアピールする場

・7つのアプローチから考えるとすぐに見つかる

・エピソードがかなり重要

・履歴書には箇条書きで結論を先に述べる

・転職サイトに登録して添削して貰って完成度を高める

転職や就職活動において重要なのは他の人との差別化てす。

普段から転職を意識して生活をしている人は少ないと思いまずが、生活していれば貴方だけのストーリーは必ずあります。

そのストーリーを引き出して使う術がわからずに自己PRが思い付かない人がほとんどです。

マサ

今回お伝えした事は、そのストーリーを引き出す方法です。

もしも、1人で引き出すことが出来ないのであれば、転職サイトに無理登録をして、転職エージェントに相談してみると簡単に発見できます。

一度発見すれば何回でも使いまわせるので、コスパが非常に高いです!

マサ

新しいワークステージに向けて前進していきましょう!

SNSもチェックしてね!最後までご覧いただきありがとうございます!